新入社員インタビュー2018

津山広域事務組合の「就活学生登録」も活用して、岡山県北に就職された2名の方がどのような就職活動を行ったか。また、実際に働いてみてどのようなことを感じたか、インタビューしてきました。

押尾 崇文さん(株式会社本山合金製作所)

出身校(出身高校・大学)を教えてください。

押尾 笠岡高校出身で、職業能力開発大学校を卒業しました。

どんな就職活動をしていましたか。

押尾 リクナビ、マイナビ、オカジョブ、就活学生登録への登録や、大学にあった雑誌も読みました。その他に、合同説明会やインターシップにも積極的に参加してきました。

会社に入社したきっかけを教えてください。

押尾 ものづくりができる仕事に就きたかったということと、就職活動を通じて担当の人事の方の対応が良かったことが入社を決めた理由です。

会社ではどのような業務をしていますか。

押尾 具体的には図面をもとに、超硬合金を加工していろんな種類の一点もの部品を製造しています。車や家電のパーツを大量生産するために必要な金型の部品を作っています。

会社の雰囲気はどうですか。

押尾 同期や上司とも仲が良く、平均年齢も若い会社ですが、皆さん年齢に関係なく若々しい方が多いと思います。業務においても研修もしっかり行ってくれたので、不安も少なく仕事ができています。特に同期同士は仲が良いので働きやすいです。

仕事は楽しいですか(やりがいがありますか)。それはどんなところですか。

押尾 ものづくりにおいて、妥協やミスは許されないと考えています。その中で、しっかりとした製品が仕上がった時は達成感があります。仕事では納期が気になりますが、困ったことがあったら上司に相談して解決しています。

休日は何をしていますか。

押尾 趣味のゴルフやスキー、バイクでのツーリングを楽しんでいます。会社で夏まつりやバイクなどの同好会があるのも嬉しいです。

津山に就職してよかったことはありますか。

押尾 もともと就職を機に一人暮らしをしたいと考えていました。会社の寮が新築だったのも嬉しかったです。

これから就職活動をする方にメッセージを一言お願いします。

押尾 私が就職する際に大切にしていたことは、人事担当者の対応です。質問や疑問に対して、誠実に返答してくれる会社はしっかりしている会社だと思います。企業は大企業だから良い企業というわけではないとも思います。福利厚生も充実していて、働きがいのある会社はあると思いますので、自分の足で実際に見学にいき、就職活動をしていくことをおすすめします。


出身校(出身高校・大学)を教えてください。

藤井 津山商業高校出身で、香川大学を卒業しました。

どんな就職活動をしていましたか。

藤井 就職は県北でしたいと考えていたので、業界をしぼらず大学3年生の頃から就職活動を始めました。

会社に入社したきっかけを教えてください。

藤井 県北の合同説明会に参加し、会社訪問をして最後は決めました。

会社ではどのような業務をしていますか。

藤井 測量課で必要となってくる書類の作成や、現場での作業データを報告書にまとめる業務をしています。

会社の雰囲気はどうですか。

藤井 社員16名でアットホームな雰囲気があります。困ったことがあれば、気軽にアドバイスを貰いやすい環境です。

休日は何をしていますか。

藤井 6歳の頃から続けている書道をしています。また、複数の企業が参加する合同の新入社員教育研修で仲良くなった友人と遊ぶことも多いです。

津山に就職してよかったことはありますか。

藤井 家族の側にいられることや、書道を続けられることも嬉しいです。会社の仕事を通じて自分の地元の地域社会に貢献できることはやりがいもあり充実しています。

これから就職活動をする方にメッセージを一言お願いします。

藤井 自分とまわりを比べるのではなく、自分を見失わないように頑張ってほしいです。